ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

自然災害に強い路線25 Oct. 2018

不動産の知恵ふくろう

自然災害に強い路線とは…?!

自然災害が発生すると、首都圏は電車の運休や、遅延する事がほとんどです。
そして、それによって駅に人が溢れかえり、駅難民や帰宅難民の現象が起こってしまいます。
そもそも、首都圏で自然災害に強い路線はあるのでしょうか?

結論から言うと、地下鉄は自然災害には強いと言えます。
雨風を受ける事がなく、トンネル内に水が浸入しない限りは安全と言えるでしょう。
ですが、地下鉄の中でも多少差があるようです。
それは、地形の関係で地下鉄なのに地上に顔を出してしまう丸ノ内線や銀座線は、雨風を受けるので、多少影響が出てしまいます。
また、地下鉄の中でも綿密なダイヤ構成となっている東西線や半蔵門線も、他の路線の影響が関わってくる路線と言えます。
ですので、その中でも一番と言えるのは『大江戸線』という事になるようです。

逆に影響を受けやすい路線はというと、それはモノレールです。ゆりかもめなどは、レインボーブリッチが封鎖されてしまうため、運休となってしまいます。
あとは、海辺や河川を通る路線は強風にあおられる可能性があるので、影響が出やすく、遅延することが多々あるようですが、これは過去の事故を教訓に規制をかけているようです。
確かに事故が起こってからではとりかえしがつかないので、規制をかけて安全に運行している電車の方が利用者としても安心できると思います。

ですので、自然災害が起こっても運休や遅延することなく運行している電車もありますが、これは一概に災害に強いからという事だけでなく、単に規制がかけられていないという事も考えられるようです。
そうなると、自然災害が起こるとすぐ止まってしまう電車もあながち悪い路線ではないのでは?という事も考えられます。

住宅購入するにあたって、路線や駅で判断される方もいると思います。
「この路線はすぐ止まるから検討から除外しよう」や「この路線はよっぽどの事がない限り動いているので帰宅の事を考えなくて安心」などのように、表面だけの情報で判断していませんでしょうか?
住宅選びも本質をしっかりと知ったうえで、判断されると良いかと思います。

以上、バイヤーズエージェントの小宮山でした。

***************************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
AI(人工知能)が判定。
買ってはいけない物件を自分でチェック!

クリック

**************************************************