ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

洪水ハザードマップ10 Jul. 2018

真備町浸水エリア予想と実際の浸水

下の図と写真は、今回の大雨で倉敷市真備町が作成した「浸水する可能性のエリア(洪水ハザードマップ)」と、「実際に浸水したエリア(赤い斜め線)」を並べてみました。見事に一致しています。
※KSB瀬戸内海放送より

ハザードマップによると、約2mから5mの深さで浸水する可能性があるエリアとなってます。
>倉敷市ハザードマップ、真備町エリア

ハザードマップを確認しましょう

以前のこのジャーナルにも載せましたが、山梨県は洪水(水害)に縁遠い場所ではなく、歴史的にも水害が多いエリアです。
>journal水害

ゲリラ豪雨などの言葉を忘れてしまいますが、これを機にハザードマップの確認を致しましょう。
>甲府市HP、洪水ハザードマップ
>甲斐市HP、洪水ハザードマップ
>笛吹市HP、洪水ハザードマップ

土地購入サポート

***************************************************
徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
**************************************************