ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

重要事項説明にない重要な事項17 Apr. 2018

以下の内容については、契約前に不動産業者が行わなければいけない『重要事項説明』で、必ず記載しなければいけない事項ではありません。
しかし、購入者にとっては非常に気になる内容なので列記をしました。

騒音・振動・臭気

道路・電車・飛行機・工場・店舗などによるものからの影響が考えられます。また土日では分からず、平日に現場に行って、初めて確認できる場合もあります。

周辺環境に影響を及ぼすと思われる施設など

ゴミ処理場、暴力団施設や居住、火葬場などの嫌悪施設などです。

近隣の建築計画

空地の場合の建築計画や、隣接地が再建築した場合の高さや大きさの想定など。

電波障害

テレビの受信状況など。

近隣との申し合わせ事項

自治会や町内会の協定(ゴミ出しや自治会費など)や取り決めなど、購入した場合に買主が売主から引き継ぐ内容です。

浸水等の被害

床下床上問わず、浸水した事実についての確認など。また周辺地域の浸水エリアの確認など。

事件・事故・火災など

売買する物件においての事件・事故は必ず説明しなければならない事項ですが、近隣については説明義務はありませんので、周辺での事件や事故などの確認など。

境界の取り決め

境界に関する取り決めや、隣地との共有塀などの管理方法など。屋根や植栽などの越境なども確認が必要です。

不要物の埋設

古いたてものがあった場合は、地中に埋設物がある場合があります。基礎や浄化槽など解体時に撤去しなかった場合の確認など。

軟弱地盤

地盤が弱い場合や、建物建築時に基礎補強が必要な場合の確認など。

土壌汚染

土壌汚染状況の確認など、過去の所有者の利用状況から推察したり、近隣の利用状況か推察ができます。

ユナイトの調査業務

***************************************************
徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
**************************************************