ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

つなぎ融資22 Jan. 2019

不動産の知恵ふくろう

つなぎ融資とはどのような融資なのか?

つなぎ融資とは、住宅ローンの融資が実行されるまでの間に一時的に借りる別のローンの事を指します。

つなぎ融資が必要となるケースは大きく分けると下記3つのケースです。
・新たに土地を購入して注文住宅を建築する場合で、引渡し前に資金が必要となる場合
(主に、先行で購入する土地購入費用、建築の着手金や、中間金の支払いなど)
・中古住宅を購入してリフォームする場合で、リフォーム一体型ローンだが、リフォーム後に融資が実行される場合
(主には、先行で購入する中古の土地建物購入費用、リフォームの着手金や中間金の支払いなど)
・買換えの場合で、売却予定の住宅が、新居の資金が必要となる時期までに売れない場合には、売却予定の住宅が売れるまでの間、つなぎ融資が必要となる
※但し、売主や建設会社によっては、残金決算を待ってくれるところもあり、その場合には、つなぎ融資が不要となるケースもあります。
 また、代理受領といい、工事会社が金融機関から直接、融資を受ける場合もあります。
 このような契約の場合は、つなぎ融資なしに、住宅の引渡しを受けることも可能になる場合もありますが、代理受領が可能かどうかは、工事会社次第となるので、事前に確認が必要です。

つなぎ融資は、住宅ローンと別のローンです。したがって、別途、融資手数料が必要となる上、通常は住宅ローンの金利が高くなります。
ただし、住宅ローンの融資実行時に一括返済される短期の融資であるため、抵当権は設定されないことがほとんどです。

いずれにしても、ローン申込み時点で、スケジュールと必要な資金詳細を伝え、事前に相談しておくことがポイントです。

以上、バイヤーズエージェントの小宮山でした。

***************************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
AI(人工知能)が判定。
買ってはいけない物件を自分でチェック!

クリック

**************************************************