ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

次世代住宅ポイント18 May. 2019

不動産の知恵ふくろう

消費税増税も気にしない!「次世代住宅ポイント制度」について

いよいよ本年10月に消費税が増税となり10%となります。
金額の大きな不動産購入にあったっては、その影響を心配されている方も多いのではないでしょうか。
そんな方に知っておいていただきたいのが「次世代住宅ポイント制度」です。
>国交省HP次世代住宅ポイント制度について

「次世代住宅ポイント制度」とは、消費税増税による住宅取引の縮小を抑え、同時に良質な住宅の普及を促進しようというものです。
対象となる新築住宅の購入やリフォーム、注文住宅の取得された場合に「次世代住宅ポイント」が発行されることになります。

ここで注意したいのが「次世代住宅ポイント」が発行される住宅には条件がある、ということです。
例えば「断熱性や耐震性などに一定以上の性能を持つ家」や「家事負担を軽減する設備(食洗機や浴室乾燥機、掃除しやすいトイレなど)がある家」を購入すると、このポイントが発行されます。
一方で、中古住宅を購入しただけではポイントは発行されません。
なぜならば、中古住宅を一般の個人の方から購入した場合には、そもそも消費税がかかりませんので、ポイント発行による補助をする必要がないからです。
ただし、中古住宅を購入してリフォームをした場合には、リフォーム分に関してはポイント発行の対象とすることができます。

発行されたポイントについては、防災、健康、子育てなどに関連する商品と交換できるようになるようですが、具体的な商品についてはこれから公募で決定されるようです。
また、この「次世代住宅ポイント」の発行に関しては、住宅取得者本人からの申請が必要になります。

以上、バイヤーズエージェントの小宮山でした。

***************************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
AI(人工知能)が判定。
買ってはいけない物件を自分でチェック!

クリック

**************************************************