ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

マイホームの選択肢

「マイホームが欲しい」
と思った時のアナタの選択肢

マイホーム、欲しいアナタの選択肢は、
新築(三通り)と中古(四通り)を合わせて以下の七通りあります。

新築の場合

・土地+建物⇒土地を買って注文住宅の家を建てる
・土地建物セット⇒建売住宅の購入
・マンション⇒分譲マンションの購入

中古の場合

・戸建住宅⇒中古住宅を買って住む
・戸建住宅⇒中古住宅を買いリフォームして住む
・マンション⇒中古分譲マンションを買って住む
・マンション⇒中古分譲マンションを買いリフォームして住む

総金額は?

新築の場合

・土地+建物⇒土地を買って注文住宅の家を建てる⇒金額高め
・土地建物セット⇒建売住宅の購入⇒金額中程度
・マンション⇒分譲マンションの購入⇒金額中程度

新築は割高

 

中古の場合

・戸建住宅⇒中古住宅を買って住む⇒金額結構低め
・戸建住宅⇒中古住宅を買ってリフォームして住む⇒金額低め
・マンション⇒中古分譲マンションを買って住む⇒金額結構低め
・マンション⇒中古分譲マンションを買ってリフォームして住む⇒金額低め

中古住宅の魅力

 

自由プランで建てる時

新築の場合の自由プラン

・大手ハウスメーカーの家を建てる⇒土地価格+新築時の建物(坪単価およそ50~80万円)
・中小ハウスメーカーの家を建てる⇒土地価格+新築時の建物(坪単価およそ40~60万円)
・パワービルダーの家を建てる⇒土地価格+新築時の建物(坪単価およそ30~50万円)
・ビルダーの家を建てる⇒土地価格+新築時の建物(坪単価およそ30~50万円)
・設計事務所の家を建てる⇒土地価格+新築時の建物(坪単価およそ40~70万円)
・工務店の家を建てる⇒土地価格+新築時の建物 (坪単価およそ40~50万円)

金額の違いは保証の違い

・大手ハウスメーカー⇒瑕疵担保保証10年⇒構造躯体を30~60年間会社が保証する
・中小ハウスメーカー⇒瑕疵担保保証10年⇒30年保証の会社もある
・パワービルダーの家⇒瑕疵担保保証10年のみが一般的
・ビルダーの家⇒瑕疵担保保証10年のみが一般的
・設計事務所の家⇒瑕疵担保保証10年のみが一般的だが会社保証がある場合もある
・工務店の家⇒瑕疵担保保証10年のみが一般的だが会社保証がある場合もある

※大手ハウスメーカーとは、一般的に積水ハウス・ダイワハウス・セキスイハイム・住友林業・ミサワホーム・パナホーム・へーベルハウス・トヨタホームの8社を指し、中小ハウスメーカーとは三井ホーム・山田S×L・一条工務店・日本ハウス・タマホームなどを指します。
※パワービルダーとは、年間1,000棟規模の住宅建築業者を指します。一般的に飯田グループ(飯田産業・一建設・東映住宅・タクトホーム・アーネストワン・アイディホーム)を指します。
※ビルダーとは、年間100棟規模の住宅建築業者を指し、山梨では西甲府住宅・新日本通産・STKなどを指します。

中古の場合の自由プラン

中古の住宅を買ってフルリフォーム
・中古戸建住宅のフルリフォーム⇒中古戸建住宅の取得費+フルリフォーム費用
・中古分譲マンションのフルリフォーム⇒中古分譲マンションの取得費+フルリフォーム費用

フルリフォームの瑕疵担保保証保証

・中古戸建住宅のフルリフォーム瑕疵担保保証⇒最長が5年間で、2年(業者売主)1年(個人売主)も選択可能
・中古分譲マンションのフルリフォーム瑕疵担保保証⇒最長が5年間で、2年(業者売主)1年(個人売主)も選択可能

※中古の戸建住宅の場合、工法(建物の構造)によりフルリフォームができる工法と、フルリフォームが難しい工法があります。
※中古の分譲マンションの場合は、ほとんどの物件でフルリフォームができます。

プラン変更ができない
住宅の購入

建売住宅

・大手ハウスメーカーの建売⇒瑕疵担保保証10年⇒建物の構造躯体を30年間会社が保証
・中小ハウスメーカーの建売⇒瑕疵担保保証10年⇒30年保証の会社もある
・パワービルダーの建売⇒瑕疵担保保証10年のみが一般的
・ビルダーの建売⇒疵担保保証10年のみが一般的

マンション

・大手デベロッパーマンション⇒瑕疵担保保証10年のみ
・中小デベロッパーマンション⇒瑕疵担保保証10年のみ

※大手ハウスメーカーの住宅(注文住宅/建売)では、所有者が変更(売却など)されても会社の保証を継続するハウスメーカーもあります。