ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

災害/雨16 Aug. 2018

記録的短時間大雨情報

記録的短時間大雨情報とは
数年に一度しか発生しないような短時間の大雨を観測・解析した時に、各地の気象台が発表します。
その地域にとって「災害の発生につながるような、稀にしか観測しない雨量」であることをお知らせするため発表するものです。

最近の山梨県での発生
2017年08月19日、
山梨県南アルプス市付近で、午後10時40分までの1時間に約100ミリの雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表されました。

2018年08年13日、
山梨県都留市付近で、レーダーの解析で13日14時10分までの1時間に約100ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表されました。

1時間に100ミリの雨とは、

>YouTube/動画

線状降水帯(せんじょうこうすいたい)

線状降水帯(せんじょうこうすいたい)とは、
次々と発生する発達した雨雲(積乱雲)が列をなした、組織化した積乱雲群によって、数時間にわたってほぼ同じ場所を通過または停滞することで作り出される、線状に伸びる長さ50~300km程度、幅20~50km程度の強い降水をともなう雨域(気象庁が天気予報等で用いる予報用語)である
西日本豪雨で被害が大きかった広島県周辺など各地で、積乱雲が線状に連なる「線状降水帯」が発生していたことが、防災科学技術研究所(茨城県つくば市)の解析でわかっています。

水の怖さを知ろう

大雨というと「バケツをひっくり返したような」とよく例えられますが、近年はそのような短時間に集中して降る雨による被害が日本各地で発生しています。水に関わる災害「水災害」から身を守るために、まずは「水の怖さ」を知ることが大切です。
・水深が2倍になると、水圧は4倍です。
・水深50センチを超える(膝の高さ)と、歩行困難になります。
下の資料を参考にしてください。
>NHK備える防災「水の怖さを知ろう」

災害の少ない場所に住む

以前のこのジャーナルにも載せましたが、山梨県は洪水(水害)に縁遠い場所ではなく、歴史的にも水害が多いエリアです。
>journal水害

災害の少ないエリアに住むことが、一番の防災となります。
>甲府市HP、洪水ハザードマップ
>甲斐市HP、洪水ハザードマップ
>笛吹市HP、洪水ハザードマップ

土地購入サポート

***************************************************
徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
**************************************************

洪水ハザードマップ10 Jul. 2018

真備町浸水エリア予想と実際の浸水

下の図と写真は、今回の大雨で倉敷市真備町が作成した「浸水する可能性のエリア(洪水ハザードマップ)」と、「実際に浸水したエリア(赤い斜め線)」を並べてみました。見事に一致しています。
※KSB瀬戸内海放送より

ハザードマップによると、約2mから5mの深さで浸水する可能性があるエリアとなってます。
>倉敷市ハザードマップ、真備町エリア

ハザードマップを確認しましょう

以前のこのジャーナルにも載せましたが、山梨県は洪水(水害)に縁遠い場所ではなく、歴史的にも水害が多いエリアです。
>journal水害

ゲリラ豪雨などの言葉を忘れてしまいますが、これを機にハザードマップの確認を致しましょう。
>甲府市HP、洪水ハザードマップ
>甲斐市HP、洪水ハザードマップ
>笛吹市HP、洪水ハザードマップ

土地購入サポート

***************************************************
徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
**************************************************

わが家の木造住宅耐震診断02 Jul. 2018

インターネットでできる『誰でもできる、わが家の耐震診断』

地震時の安全のためには、我が家の耐震性能を知ることが第一歩です。
ご自身がパソコンを使い、楽しみながらわが家の耐震性をチェックすることができます。
また『木造住宅の耐震補強方法について』も、図解を見ながら詳しく知ることができます。


>誰でもできる、わが家の耐震診断

この内容は、日本建築防災協会のHP内の『耐震支援ポータルサイト』のコンテンツです。

ユナイトの調査業務

***************************************************
徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
***************************************************

木造住宅の耐震補強01 Jul. 2018

耐震診断ができる木造住宅とは

耐震診断ができる木造住宅とは、木造在来工法・2×4工法の戸建住宅です。
※旧耐震基準の木造住宅も対象です。※設計図書や検査済証がない物件でも耐震診断可能です。※プレハブ工法の住宅(型式認定)は対象外です。ご了承ください。

耐震診断を行う

予備調査:設計図面や増改築の有無の確認を行います。
現地調査:現地にて建物の現況を調査します。
耐震性能の評価:耐震診断を行い、住宅の耐震性能を評価します。耐震性能を示す評点が1.0未満の場合には、耐震改修を行う必要があります。

耐震改修計画/設計/見積

耐震改修計画:耐震改修後に求める評点のレベルをどのくらいに設定するのか?などの工事内容や効果について確認ができます。
耐震改修設計:改修箇所の平面図や写真などで確認ができます。
耐震改修工事の見積:算出された耐震改修費用が確認できます。

耐震改修費用ってどれくらい?

100万円~150万円の工事が最も多く、助成金制度を利用すれば自己負担も少なく済みます。

耐震改修費用の概算計算

部位ごとの耐震改修費用の目安

上記内容は、日本建築防協会HPの耐震支援ポータルサイトより抜粋。

>建築防災協会HP

耐震補強工事とは、
住宅ローン控除や補助金を受けるための物と考えるのではなく、大切な人や動物の『命を守る』ための工事ということを忘れないでください。

ユナイトの調査業務

***************************************************
徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
**************************************************

耐震補強の有り無しが『命を守る』29 Jun. 2018

在来木造振動台実験ビデオ


>防災科学研究所、在来木造振動台実験ビデオ

見られない方は、こちらでご覧ください。
>YouTube

この実験に用いた2棟の建物は、建築基準法が大幅に改正された昭和56年より以前に建てられた築32年の木造住宅で、同じ構造仕様および間取りで建てられ たものです。

この2棟を、兵庫県三木市にある防災科学技術研究所 実大三次元震動破壊実験施設(E-ディフェンス)に移築し、1棟のみ『木造住宅の耐震診断と補強方法』耐震補強を施しました。
この実験では、平成7年兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)で得られたJR鷹取波を3次元入力とした加振実験を行い、耐震補強の有効性を検証したものです。

このビデオを見てわかるように、耐震補強が無い住宅は、1階部分の壁や柱が2階部分の揺れによる重さで、ある時点で耐え切れなくなり崩壊しています。
耐震補強を行った建物も、壁や窓は外れたり大きな被害は出ていますが、耐震補強を行うことで、住宅が崩壊の一歩手前で耐えています。
耐震補強をしていない建物では、1階に人がいた場合は、高い確率で生命の危機になります。これを防ぐのが『耐震補強工事』です。

耐震補強工事は、住宅ローン控除や補助金を受けるための物と考えるのではなく、大切な人や動物の『命を守る』ための工事ということを忘れないでください。

ユナイトの調査業務

***************************************************
徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
**************************************************

新耐震基準での倒壊18 Jun. 2018

熊本地震において『新耐震基準の戸建住宅』の倒壊結果

住宅の耐震性については、建築基準法の改定により、その都度大きく改善されています。
代表的な改定は1981年5月に改訂されまして、これは『新耐震基準』と呼ばれています。
次の大きな改定は2000年6月に『接合部・耐力壁の配置・基礎』などの、施工者に任されていた具体的な仕様が明確にされたとで、耐震性能の施工者によるバラつきが大きく改善されました。

中古住宅のうち、マンションの耐震性については、1981年以降の『新耐震基準』であれば一定以上の耐震性を持っていると考えられ安心ができます。
ところが木造住宅については、2000年6月以降の住宅はマンションと同様な安心を得られますが、1981年~2000年までの『新耐震基準の住宅』において、耐震性にグレーな部分が見受けられます。

上の表は、熊本地震において、木造建築物の倒壊が集中していた益城町での木造建築物の年代別の被害状況です。
2000年以降の木造建物323棟のうち、7棟(2.2%)の倒壊が確認されました。
1981年から2000年までの新耐震基準の木造建物877棟のうち、76棟(8.7%)の倒壊が確認されました。
1981年以前の木造建物では759棟のうち、214棟(28.2%)の倒壊が確認されました。
この表から、2000年以降の建物では無被害61.4%/軽微な被害32.6%の合計94%と圧倒的な安心を得ていますが、いわゆる『新耐震』の1981年~2000年までの建物では無被害20.4%/軽微な被害61.2%の合計81.6%と軽微な被害と無被害が逆転しており、倒壊も76棟8.7%と新耐震以前に比べれば低いですがおよそ10棟に1棟が倒壊している大きな数字であります。
主な原因は、敷地の崩壊などを除きますと、不十分な接合部(金物を使わない釘打ちの接合)が確認できました。



上記内容は、国土交通省国土技術政策総合研究所及び国立研究開発法人建築研究所において合同開催された『熊本地震における建築物被害の原因分析を行う委員会』の報告書から抜粋しました。
>国土交通省HP、熊本地震における建築物被害の原因分析を行う委員会 報告書について

ユナイトの調査業務

***************************************************
徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
**************************************************

液状化15 Apr. 2018

液状化

覚えていますか?液状化
東日本大震災の時に、千葉県の浦安で大きな液状化が発生しました。浦安エリアでは、上下水道や道路が応急復旧するまで1カ月かかりました。仮設トイレが設置されましたが、分譲マンション居住者は、毎回一階まで下りて駐車場にある仮設トイレの長い列に並んでいました。

浦安では、分譲マンションは40mほどの杭を打っていたので、建物への影響はありませんでした。しかし、一戸建て住宅は大きな被害が出ました。1981年に埋め立て地を造成して一戸建てを分譲販売した三井不動産は、震災による液状化で建物が傾いたり、庭や駐車場が陥没したりする被害が出たため、居住者から訴訟を起こされましたが、住民の敗訴が決定しています。
三井不動産は、横浜の杭打ち偽装では、会社負担で素早く建て替えを決めた事に比べると、地震による天災の場合は、所有者の自己責任という 基本通りの対応であることを認識しないとなりません。

※朝日新聞、三井不動産分譲地

液状化の対策工事は、建物を建てる前と建っているものに分かれますが、いずれにしても最低で百万単位の高額な費用が掛かります。
消費者ができる対策は、液状化エリアを買わない・所有しないことです。

ユナイトの調査業務

***************************************************
徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
**************************************************

水害13 Apr. 2018

水害の歴史

山梨県の水害の歴史は古くからあり、戦国時代には、武田信玄が、甲府盆地の治水工事を行って内政の充実を行ったことは有名ですね。
昭和以降では、昭和34年に2つの台風被害があり、台風7号による死者90人負傷者794人と台風15号いわゆる伊勢湾台風で死者15人の激甚災害がありまました。
昭和41年の台風26号による災害では、当時の足和田村(現富士河口湖町)だった西湖の2集落が土石流で一夜にして消滅、死者175人。

※毎日新聞、濁流にのまれた村

ゲリラ豪雨

ご存知ですか?ゲリラ豪雨の恐ろしさを
2008年の7月に発生した兵庫県神戸市の都賀川の水害では、川べりに遊歩道のあるありふれた市街地の小川です。ところが上流に大雨が降ったため、水位が10分間で1.3mも急上昇し、川で遊んでいた子どもたちなど5人が流されて亡くなってしまったのです。
たった10分であっという間に子どもの身長近くまで水位が上がってしまうのですから、急な大雨がいかに恐ろしいかがよくわかります。

上記のグラフは気象庁ホームページから、アメダス地点で1時間降水量が80mm以上となった年間の発生回数(1000地点当たりの発生回数に換算)赤い直線は期間にわたる変化傾向を示します。確実にゲリラ豪雨が増えています。
ちなみに、50mm以上の雨とは、雨が滝のように降っており、外で傘を差してもまったく役に立たず、あたり一面が水しぶきで白っぽくなって、車の運転も危険な状態です。80㎜はそれの1.5倍です。

甲府市のハザードマップ

下の地図は、甲府市の浸水エリアのうち、釜無川の浸水で2m~5mの浸水の可能性があるエリアです。
釜無川以外でも、笛吹川、荒川、相川、濁川、滝戸川、平等川、境川などのそれぞれで浸水エリアが下記のサイトから確認が出来ます。

>甲府市HP洪水ハザードマップ

山梨県内の過去の水害(抜粋)

1868年(明治元) 7月 釜無川・御勅使川などの大洪水により,中郡を中心に浸水被害。
1876年(明治9) 9月 暴風雨により荒川,桂川,釜無川が増水,堤防が計( 676箇所)で決壊。死者7人。 農作物に大被害。
1878年(明治11) 9月 豪雨により笛吹川,富士川などで洪水。堤防決壊( 61 箇所)。道路流没1500間。
1881年(明治14) 9月 暴風雨により富士川,釜無川,笛吹川などで堤防が決壊,農作物が大被害。
1882年(明治15) 9月 豪雨により県下の各河川で洪水,死者・行方不明者6人,堤防決壊( 4411箇所),堤防 筋は惨状を極める。 1885年(明治18) 8月 暴風により県下各河川が氾濫。死者(29人)。山岳等の崩壊1900箇所。
1892年(明治25) 7月 笛吹川,釜無川,御勅使川流域で大洪水。死者6人。山岳崩壊箇所多数。
1896年(明治29) 9/6~12 台風豪雨により釜無川流域,特に御勅使川流域で大出水。塩川上流では大崩壊が発生。死者(33)人。
1898年(明治31) 9/4~7 滝のような豪雨で県下の各河川が氾濫。北巨摩郡を中心に山岳の崩壊多数。死者(150人)。災害後( 赤痢 )が流行。
1907年(明治40) 8/22~28 台風により県下全域で河川が氾濫し,未曾有の災害となる。特に日川,重川,御手 洗川流域で被害甚大。死者(233)人。家屋全壊・流出(5767)戸。
1910年(明治43) 8/2~17 台風と前線による連日の豪雨で荒川,塩川が大氾濫。 甲府市をはじめ盆地の南部一帯で甚大な被害。死者24人。
1912年(大正元) 9/22~23 台風により中巨摩郡で被害甚大。死者(50)人。負傷者111人。 農作物や家畜の被害も甚大。
1920年(大正9) 8/2~6 台風豪雨により道志村で日向山が大崩壊。 交通路の途絶で村の通信は対岸と(矢文)で行う。死者14人。
1934年(昭和9) 9/18~21( 室戸 台風)により県下全域で被害。死者13人。家屋全壊507戸。 農作物被害は25,892haにのぼりブドウはほぼ全滅。
1935年(昭和10) 8月台風により死者7人。床下浸水28戸。田畑浸水60ha以上。 9/21~26 台風と前線による記録的豪雨(総雨量420㎜)で全県に著しい被害。死者39人。 各所で堤防・道路の流出・決壊・破損。
1936年(昭和11) 9/26 終夜継続の大雨により( 笹 子 峠)で山崩れが発生,14人が生き埋めとなる。 全県で死者22人。
1945年(昭和20) 10/3~5 前線・台風豪雨により戦時中の樹木過伐で荒廃した山林が各所で崩壊。 土砂倒木の流出で河川が氾濫。死者16人。
1947年(昭和22) 9/13~15( カスリン 台風)により笛吹川上流および重川・日川・御手洗川・笹子川流域 で大被害。死者16人。
1950年(昭和25) 8月 豪雨により笛吹川上流部および重川・田草川また南都留郡谷村町で大きな被害。 死者7人。行方不明者1人。家屋浸水1471戸。土木被害7億3000万円。
1959年(昭和34) 8/12~14 台風7号により1907年(明治40年)以来の大被害。特に釜無川・大武川・早川・重 川で土石流による被害甚大。死者(90人)。負傷者794人。被害総額314億7300万円 9/24~26 台風15号(伊勢湾台風)により被害が拡大。死者15人。被害総額89億2800万円
1961年(昭和36) 6/23~29 梅雨前線豪雨により東山梨郡の大沢山で崖崩れ,倒木と土砂が西の沢をせき止め,29 日土石流となって牧丘町( 北 原 地区)を襲い,死者5人。
1966年(昭和41) 9/21~25 前線・台風26号豪雨のため足和田村( 根場地区)等で土石流が発生。死者(175人)。被害総額275億円。
1982年(昭和57) 8月台風10号豪雨により大月市浅川地区,秋山村無生野地区で土石流が発生。早川の氾濫で早川町の一部が孤立。死者7人。
1983年(昭和58) 8月5号・6号と続いた台風の豪雨により大月市,富士吉田市の東部で被害拡大。道路・鉄道等全交通機関が普通。死者3人。
1991年(平成3) 8/1 台風12号の豪雨で最大日雨量(395 ㎜)。大月市の国道20号で土砂崩壊。死者7人。 被害総額127億5170万円。
2000年(平成12) 9月 秋雨前線と台風14号による大雨で県の中西部に被害集中。床上浸水102棟。床下浸水525棟。被害総額88億2700万円。

ユナイトの調査業務

***************************************************
徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
**************************************************

地震11 Apr. 2018

活断層

私たちが住んでいる街の地面を掘り下げていくと最後は固い岩の層にぶつかりますが、この岩の中にはたくさんの割れ目があります。通常、この割れ目はお互いしっかりかみ合っていますが、ここに『大きな力』が加えられると、割れ目が再び壊れてずれます。この壊れてずれる現象を『断層』活動といい、そのずれた衝撃が震動として地面に伝わったものが地震です。『断層』のうち、特に数十万年前以降に繰り返し活動し、将来も活動すると考えられる断層のことを『活断層』と呼んでいます。
現在、日本では2千以上もの『活断層』が見つかっていますが、地下に隠れていて地表に現れていない『活断層』もたくさんあります。

※国土地理院 活断層

山梨エリアの活断層

山梨エリアでは、曽根丘陵断層群と、糸魚川静岡構造線活断層系のうち『南部』と呼ばれる白州-富士見山区間があります。

曽根丘陵断層帯は、山梨県甲州市から笛吹市、甲府市、中央市を経て、西八代郡市川三郷町に至る断層帯です。全体の長さは約32kmで、概ね北東-南西方向に延びています。本断層帯は断層の南東側が北西側に対して相対的に隆起する逆断層です。

『南部』白州-富士見山区間は、北杜市から早川町に至る約48km。白州断層、鳳凰山断層、下円井断層、市之瀬断層群、富士見山断層群。区間全体がひとつの活動区間として地震を起こした場合、M7.6程度と想定。

※国土地理院 活断層図 山梨エリア

活断層Q&A

Q.活断層線の上が危険で、線の上でなければ大丈夫なのですか?
A.活断層による内陸地震が発生した場合、被害が及ぶ範囲は活断層線の上だけではありません。活断層が動くことで生じる地表のズレによる直接的な被害の他に、地震動による被害が広範囲に生じることがあります。
日本の都市の多くは平野部に広がっています。この平野部は柔らかい地層(沖積層)に覆われており、遠方から来た地震波は岩盤の上にある沖積層によって増幅されて地面の揺れが大きくなり、建物被害が激しくなることがあります。また、その地盤条件によって液状化を発生させることがあり、地震の規模によっては、被害が都府県をまたぐような広範囲に及ぶ場合もあります。
活断層図は、活断層の情報の他に地形分類を表示していますので、地形からその地盤の性状を推測することができます。

阪神淡路大震災

1995年1月17日の兵庫県南部地震では、六甲・淡路島断層帯の一部である野島断層で地表にずれが生じました。断層の南東側が北西側に比べ最大1.4m隆起し、南西の方向へ最大2.1mずれました。M7.3でした。

ユナイトの調査業務

***************************************************
徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
**************************************************