ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

【売地】大手1丁目

Bird’s Eye View:案内図

そこは、甲府市大手1丁目。
そして、そこは、甲府で最も古い「文教エリア」
そうです、武田神社と護国神社、山梨大学などが鎮座をするエリア。
このような、歴史と由緒のある場所に、この土地は存在をしているのです。

Bird’s Eye View:詳細

※画面をクリックすると拡大表示します。

計画道路

この土地には「計画道路」が通ります。
計画道路が通ることで「将来いずれかの時期に移転が必要になる可能性がある」のは事実です。
そのリスクを承知したうえで、住み替えと合わせた「長期的なライフプラン」を考えると、違った方向性が見えてくるのも事実です。

行政が行う買収は、提供する土地の価格、建物があり居住している場合には建物の再調達費用、転居費用、仮住まい費用、計画道路の範囲内でかかる門扉や花壇などの補償があり、その補償は比較的に手厚い金額であるのも事実です。

「生涯その場所に住み続ける」と考えて土地を購入して家を建てる方もいれば、「子供が就学している時期は文教エリアに居住し、子供が巣立った後は利便性やお手入れのしやすい広さ、夫婦で暮らしやすい場所を考える」そのような方もおられます。
大切なことは「資産性」とは「将来に高額な金額で売却ができる可能性が高い」ということです。

人口増加の昔のように「代々に土地をつなげて残していく」時代から、人口減少の現在は「ライフプランによって住まい方を変えていく」時代に変化をしていることは、首都圏の買い替え需要を見れば一目瞭然と思います。

※画面をクリックすると拡大表示します。

この土地の間口は約12mほど、奥行きが約27.5mほどで、計画道路が土地の真ん中を横切ります。
計画道路の幅員は16mですので、歩道が片側3.5mづつ車道が9mの片側1車線の道路です。

計画道路で予想される残地は、敷地の南面に歩道が3.5m付いた16mの道路となり、そこに接道する間口が約27.5mほどです。
また、奥行きが約6mほどですが東側は6.9mの市道に接道した角地になると推察ができます。
この残地も自己所有ですので、この土地を「面白い」と思うのか、「不要」と思うのかは、人それぞれのご判断ではあります。

ちなみに、この土地には13㎜の水道の引込みが4か所もされています。
住宅、賃貸併用住宅、または住宅と賃貸用の貸家など、どのように考えるかは購入者の自由な判断となります。

現地の写真

境界壁

※画面をクリックすると拡大表示します。

敷地南側境界壁(自己所有)

敷地西側境界壁(隣接者所有)

敷地北側境界壁(隣接者所有)

案内図

現地の写真

※画面をクリックすると拡大表示します。

物件詳細情報

価格:1,860万円
坪単価:17.77万円
土地面積:346㎡(104.66坪)公簿
地目:雑種地

交通:JR中央線「甲府」駅(北口)1.5㎞
小学校区:相川小学校1,200m(徒歩約15分)
中学校区:北東中学300m(徒歩約4分)

都市計画:市街化区域
用途地域:第2種低層住居専用地域
計画道路:53条申請
※42条1項4号扱いを受けません
接道:42条1項1号、認定幅員6.9m
防火:建築基準法22条地域
建蔽率:60%
容積率:100%
絶対高さ:10m
斜線等:日影規制、道路斜線、北側斜線
景観計画:武田神社/山梨大学周辺地区
埋蔵文化財:武田城下町遺跡(中世)
都市再生特措法:立地適正化計画、居住誘導区域

現況:駐車場
上水道:敷地引込済、配管口径25㎜
メーター:13㎜×4か所
下水道:公設桝未確認、受益者負担金済
雨水:浸透式オーバーフローまたは側溝排水
ガス:都市ガス供給エリア
標高:約310m
ハザード:該当なし
>甲府市ハザードマップ

取引態様:専任媒介
仲介手数料:売買価格×3%+6万円(税別)
固定資産税/都市計画税:143,246円/年間
情報公開日:2022/6/17