ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

売却のポイント

ポイント①無料査定

土地も建物も分譲マンションも、査定は無料で対応致します。

適切な販売事例、公的機関が評価した価格などを基に査定価格の根拠を示します。
また建物では「インスペクション」を行い、経験と勘から一歩踏みこんだ査定を行います。

ポイント②丁寧な説明

不動産の取引には日常で使わないような言葉がたびたび出てきます。
はじめて不動産を扱う方にもよく理解ができるように、丁寧な説明を行ないます。

売主様の利益を守ることが基本ですが、買主様への配慮と将来へのトラブルを残さないための「徹底した調査」を行いうことで、売主様と買主様の双方が安心できる取引を行います。

ポイント③広告活動

インターネットを中心に「見やすい」そして「わかりやすい」写真と文章にてアピールを行います。

不動産業者専用サイト(レインズ)への登録掲載は当然として、不動産ポータルサイト(アットホーム)への掲載も必ず行います。
また、フライヤー(紙媒体のチラシ)を作成して、近隣への告知などのオフライン広告の活動も同時に行います。

ポイント④相続・税金の相談

相続については、専門知識を有する相続診断士による
「無料の相談」を承ります。

相続診断士とは

また税金の相談については、ユナイトの顧問税理士による
「無料の相談」を承ります。

無料の相談

売却方法:媒介(仲介)での売却

媒介(仲介)による売却の流れ

1、ご相談・査定の依頼

<ご相談>
所有している不動産が「どれ位の価格で売れるか」「住宅ローンが残っている物件を売るにはどうしたらよいか」また「税金や手数料といった諸経費をどのくらい見込めばよいか」などについて、状況にあった売却方法をご提案致します。

<査定の依頼>
売却予定の不動産の状態や設備の状態などを、実際に現地にて調査し細部まで確認をします。
また、役所による調査・法務局での権利関係の調査等を行い、周辺の成約事例・売出事例をもとに、より精度の高い売却予想価格を算出します。
さらに、経済情勢・住宅市場動向・エリア特性などを考慮して最終的な査定価格を算出します。

2、査定の報告・媒介契約の提案

<査定の報告>
トラブルを回避してスムーズなお取引を実現させるために、現地(建物・敷地)調査、法務局調査、役所調査を行い「査定報告書」を提出します。
報告書内の査定価格は、原価法/取引事例評価法/収益還元法など評価方法にて算出致します。

<媒介契約の提案>
査定価格を基に売却価格を決め、媒介契約を結びます。
媒介契約には、専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約があります。
媒介契約の有効期間は3ヶ月と定められています。
売却活動の方針に合った媒介契約をお選び頂けます。

3、媒介契約の締結

<専任媒介契約>
売主様は、ひとつの不動産業者にしか依頼ができない媒介契約です。
売主様への業務報告は、2週間に1回以上報告する義務があります。
不動産業者専用のサイト(レインズ)に1週間以内に物件登録する義務があります。

<専属専任媒介契約>
売主様の「自己発見取引禁止※1」の特約が付保されています。
売主様は、ひとつの不動産業者にしか依頼ができない媒介契約です。
売主様への業務報告は、1週間に1回以上報告する義務があります。
不動産業者専用のサイト(レインズ)に5日以内に物件登録する義務があります。
※1、自己発見取引とは、売主様が自分自身で買主を発見する取引を指します。不動産業者に買主を探すことを依頼する契約を結んでいるにも係わらず、自分で買主を見つけることで、当然依頼された不動産業者に報酬を支払う必要がありません。専任媒介契約ではこれが認められており、専属専任媒介契約ではこれが認められていません。

<一般媒介契約>
売主様は、複数の不動産業者に依頼ができる媒介契約です。
売主様への業務報告はありません。
不動産業者専用のサイト(レインズ)への登録も必要ありません。

4、広告活動・売却活動

<広告活動>
インターネットを中心に広告展開します。ネットの良いところは、反響を一日単位で確認することができます。閲覧数や流入状況を確認することで、レスポンスの良い対応ができます。
具体的には、不動産ポータルサイトへの掲載を行います。
山梨県においては、スーモ/アットホーム/ホームズなどの不動産ポータルサイトのうち、アットホームに情報が偏っている傾向があります。一般の方もこのサイトを見ている可能性が高く、そこにに集中して掲載をしていきます。
また、紙媒体での広告活動も重要です。
一戸建てや分譲マンションのような中古住宅の場合は、近隣居住者が購入する比率が高くなります。
特に高齢者世帯の不動産購入では、紙媒体での資料をじっくり見て検討する傾向があります。

<売却活動>
売却する不動産は空地・空き家・居住中の住宅・居住中の部屋・空室の部屋に限らず「商品」となるため、購入検討者により良い印象を持って貰えるように、物件のアピールポイントを売主様にも一緒に考えて頂きます。
多くの写真でイメージを伝え、実際の見学とのギャップが無いようにします。
また、売却理由なども購入者にとっては非常に興味が出る内容です。
大切なことは「開示する情報を制限する」のではなく「マイナス情報も含めてなるべくオープンにする」ことが重要となります。

5、重要事項の説明・ご契約

<購入申込み>
契約までのスケジュールとして、買主様には「購入申込み」「重要事項の説明」「契約」三つの記名押印のステップがあります。
「購入申込み」では、購入希望額の確認、代金の支払い方法、住宅ローンの融資有無、契約引渡の希望日などを記載頂いた申込書を買主から預かりますので、売主様に売却の条件に合致するかの判断を頂きます。

<重要事項の説明>
売買契約に先立ち、重要事項の説明を宅地建物取引士より受けます。
重要事項とは、不動産売買にあたり不動産会社が売主様・買主様に説明しなければならない事項をいい、対象不動産の権利関係、法令上の制限、契約解除に関する事項、その他重要な事項などがあります。
重要事項の説明を受けても内容をよく理解しないまま契約し、トラブルになるケースもあります。
必ず、内容をよく理解してから契約に臨みましょう。

<ご契約>
売買契約書には、売買代金や売買対象面積、引渡し時期等が明記されます。
契約時に物件の状態を確認する書類として「設備表」と「物件状況等報告書」があります。
売買物件に付帯する設備(キッチン、給湯器、エアコン、照明器具など)売買契約時の物件の状況(雨漏りの有無など)を売主様が明確にします。
買主様から売主様へ手付金が支払われます。
不動産会社に対して支払う「仲介手数料の金額」を確認して貰い、引き渡し時に全額を支払う約束を行います。

6、決済・お引渡し

<決済>
決済とは残代金決済のことです。
売主様は、売買代金のうち契約金以外の残金を受領して、買主様に所有権を移すための書類を渡します。
抵当権の設定がある場合は、残金分から抵当権が抹消できる金額を金融機関に返済し、抵当権の抹消登記を依頼する書類を金融機関から司法書士に手渡してもらいます。
買主様は、契約金以外の残金を準備して買主に支払い、所有権を移すための書類を受け取ります。
この所有権の移すための書類は、登記をするための書類ですので、司法書士が売主様買主様の双方から預かることになります。
またこの決済を行う場所は、一般的には買主様のローン借入金融機関にて行います。そこに売主様、買主様、仲介業者、司法書士の全員が集まり行います。

<お引渡し>
土地売買の場合は、売主様が買主様に渡す書類は司法書士に渡す書類以外にはありません。
土地以外の場合では、建物に付随するすべての鍵を買主様に渡します。その際、確認として「不動産引渡確認証」を発行していただきます。
買主様に気持ちよく引渡しができるように、建物内の片づけやお部屋のお掃除をしておきましょう。また買主様に引渡す、パンフレット、取扱説明書、保証書などをがあれば整理しておきましょう。

実家の売却/空家の売却

実家の売却

実家の売却は「なんとなく寂しい気持ち」が心の底にあります。
しかし、この「寂しい気持ち」を「嬉しい気持ち」に変えてもらえるものがあります。

その答えは、買主の喜びの声です。
「こんな家に住めてとても幸せ」
「私たち家族にはちょうどよい大きさと価格でした」‥等、
親から受け継いだ大切な財産、それを「喜んでもらえる人」に繋いでいくこと。
それがユナイトの使命です。

売却方法:買取での売却

買取売却

「早期の処分をお願いしたい」
「所有している不動産がなかなか売れないので困っている」
「周囲の方に知られずに売却したい」
このような方には、買取売却をご提案いたします。
当社または当社が紹介する不動産会社が買主となりますので、確実かつスピーディに売却が実現します。

<事情により早期処分をしたい方>
通常の売却活動は1~3ヶ月程度、購入者が決まってからも、残代金の受領までは1ヶ月ほど要することが一般的です。
できるだけ早く売却資金が必要な方にはメリットがあります。

<周囲の方に知られたくない方>
広告などを一切行なわず、周囲の方に知られずに売却することも可能です。

買取売却の価格

<価格はどのくらい?>
買取売却の場合は、一般的な媒介(仲介)での販売価格よりも査定金額は下がります。
一般的には、媒介(仲介)で売却したときの60~80%くらいとなります。

<なぜ?買取りは安くなるのか>
不動産買取の場合は、ハウスクリーニングなどもせずにそのまま売却することがほとんどです。
買い取った不動産には登記費用や税金なども発生します。
さらにハウスクリーニング、リフォームやリノベーションなどの付加価値をつけないと高く売れません。
また不動産を買い取った場合は、その資金の借り入れの金利も発生します。当然上記の工事をする期間中は金利が長くなります。
このような諸々の費用と会社の経費を考え、売れない場合のリスクも加味して買取価格が決まるのです。