ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

アメリカの住宅ローン22 Dec. 2019

不動産の知恵ふくろう

アメリカの住宅ローン残高が過去最高を更新!!

アメリカの住宅ローンの残高が、日本円で1,019兆円と過去最高を更新して増えているようです。
ニューヨーク連銀が今月まとめた統計によると、今年7月~9月の住宅ローン残高は、前年の同じ時期に比べて3.2%も多いという事がわかりました。
これは低金利でお金を借りやすくなり、住宅購入が進んでいる事が伺えます。

アメリカでは本来、生涯で2~3回は住宅を買い替えるのが一般的です。
若い頃に住宅を購入し、結婚して大きな家に住替え、年齢を重ねた頃に少し小さめの家に住替えます。
日本では終の棲家などと言われていますが、ライフスタイルに合わせて家のサイズを変えていくのも良い選択だと思います。
その為には、資産価値のある住宅を購入するのはもちろん、いつでも売却出来るように住宅のメンテナンスも必要となります。

最近では、フルリノベーション済の住戸もあり、買主様も内見時にイメージがしやすくなっておりますが、リフォーム履歴もなく家の中も汚い状態ですと、買主様もリフォームを前提に購入したいと考えていたとしても印象はあまり良くはないかもしれません。
ですので、マンションであればマンションン全体の事にも関心を持ち、修繕積立金や管理費が「どのように使われていてどこを修繕しなければならないのか」などを事前に確認する必要があります。

戸建ての場合は、雨漏りや蟻害が発生しないように、外壁塗装や薬剤の散布などを定期的に行っておくと、建物修繕工事の余計な出費を出さずに済むと思います。
もちろん室内も設備を交換すると費用はかかりますが、売却時にまとめてリフォームするとなると、そこでも費用がかかってしまいます。できればその都度古くなった物はリフォームをする事を検討しておいた方が良いと思います。

********************************************
徹底的にお客様目線【不動産エージェント】のユナイト
********************************************