ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

ネットで取れる「登記簿謄本」15 Dec. 2018

不動産の知恵ふくろう

ネットで取れる「登記簿謄本」

「この土地は誰が所有しているのだろう?売って貰えないか聞いてみたい」という時に、どなたでもネットで登記簿謄本を取って、所有者が誰かを確認することができるサイトがあります。
>登記情報サービス

取得の際に、情報として必要な地番や家屋番号(建物の場合)は、登記情報サービスで検索することもできます。
また、検索方法がわからなければ、管轄の法務局に電話をすれば、地番や家屋番号を教えてもらえます。

管轄の法務局は「物件所在の市区町村+法務局」でネット検索すればすぐにでてきます。
謄本には、電話番号は記載されていませんので、この情報を元に所有者に連絡を取る場合は、お手紙や訪問などで連絡をとることになります。
もちろん謄本を取るのにもお金がかかりますし、場合によっては売主さんに不審がられることもありますので、あまり一般的な方法とは言えませんが、情熱がある方は、こんな方法もあります。

また、同じ方法で、例えば「代々木ビレッジの所有者はだれだろう?」とか「平等院鳳凰堂の所有者はだれだろう?」といったことも、調べることができます。しかし、登記は義務ではないので、100%所有者であることを証明するものでもありません。

追加として、この情報で取得するものは、登記簿謄本ではなく、利用者が請求した時点において登記所が保有する登記情報と同じ情報を、インターネットを使用してパソコンやスマホの画面上で確認できるものです。
これは「閲覧」と同等のサービスであり、登記事項証明書とは異なり、証明文や公印等は付加されません。

以上、バイヤーズエージェントの小宮山でした。

***************************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
AI(人工知能)が判定。
買ってはいけない物件を自分でチェック!

クリック

**************************************************