ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

ハイテク機器27 Aug. 2019

不動産の知恵ふくろう

ハイテク検査機器を使ったインスペクションを行う時代が近づいてきました!

住宅の改修や維持管理には、さまざまな調査(インスペクション)が必要となります。今まではその多くを『人力』で行うのが主流でした。
しかし、最近では少しでも効率化や自動化をすることで、人力からの脱却を目指すとともに、調査(インスペクション)の生産性向上と高精度な調査結果を求める時代になりつつあります。
これからの調査(インスペクション)は『人手を機会に置き換える?!』といった考えをもとに、住宅の維持管理でもこのような考えが広がると言われています。

■床下点検ロボット:ハイテク検査機器を使ったインスペクション
大和ハウス工業が開発した狭小空間(床下)点検ロボット『moogle』 というものは、PCモニターを見ながらコントローラーで操作し、搭載したCCDカメラで床下の様子を点検していくロボットです。
このような機器を活用する事で、人が入って行けない床下の狭い空間を調査する事ができ、かなりの精度向上につながると言われています。
また、床下の映像を住人の方と一緒に見る事ができ、調査(インスペクション)の現状を共有し易いといった効果が期待できます。
さらに最終の調査(インスペクション)は、直接人が入って確認するのですが、事前にロボットを使う事で床下の全体像が事前につかめているため、ポイントが絞られた調査(インスペクション)が実施できると言われます。

■赤外線カメラ:ハイテク検査機器を使ったインスペクション
気密測定の際に使う赤外線カメラも、調査(インスペクション)にはこれから必要になってくるかもしれません。
気密測定の結果が目標に達しない場合は『気密の穴』といわれる場所が特定できます。
中古住宅などのように既に建っている住宅の調査には、このようなハイテク機器を活用する事で、住宅の気密性を調査(インスペクション)すると共に、赤外線カメラの温度差で断熱の状況を確認出来るようになります。

■ドローン:ハイテク検査機器を使ったインスペクション
操作の難しさを課題に挙げる方も多いようですが、最近はアプリを活用してドローンを操作するものもあり、誰でも簡単に操作や写真撮影ができるようです。
最新のドローンには赤外線カメラを搭載したドローンも登場し、画像を通じて雨漏り診断などにも活用できるようです。
ドローンでの調査(インスペクション)は、外装の点検にはしごや足場が不要なので、予算を抑えた短時間での調査(インスペクション)が可能となります。
画像もリアルタイムで映るため、住人の方との共有もしやすいようです。

■ダクト清掃用ロボット:ハイテク検査機器を使ったインスペクション
24時間換気のダクトは調査(インスペクション)や清掃が困難な点で、維持管理に人手や時間が掛かりがちな部位でした。
ダクト部分は、直径50mmの細い管が主流で曲がりが多く、一般的な清掃道具が入りにくい箇所も多かったのが実情です。
そのような調査を簡便にした危機が、日本ウイントンの開発した『24時間換気ダクト清掃用ロボット』です。
ミミズを模した「せんどう運動」という移動方法で、細く曲がりくねったダクト内を移動し、周囲についたブラシでホコリを落としてくれるようです。
最後は集塵機で吸い取るようですが、そのようなハイテク検査機器も世に出始めています。

今後の中古住宅購入の調査(インスペクション)に、ハイテク検査機器が欠かせないものとなりそうです。
今後の住宅購入の参考にお役立て下さい。

以上、バイヤーズエージェントの小宮山でした。

********************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト

********************************************