ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

パッシブ住宅17 Dec. 2018

不動産の知恵ふくろう

パッシブ住宅をご存じでしょうか。

パッシブ住宅は、断熱性や気密性に優れているだけではなく、建物の構造や材料などの工夫によって、快適な居住空間を実現する省エネ住宅の事をパッシブ住宅といいます。

パッシブ住宅は、パッシブデザイン(エアコンなどの設備機器をなるべく使う事がなく、太陽の光や熱、風など、自然の力を活かして快適な室内空間をつくりだす設計の考え方)の設計思想に基づいて作られています。
具体的には
夏は涼しく
・夏期日射遮蔽・・・室内に侵入する夏の陽射しを遮り、室内を涼しく保つ。
・通風、換気・・・建築地の風向きなどを考慮し風を通す部屋の配置や吹き抜けの位置などを工夫し、室内にかぜの通り道をつくる。
・高断熱、高気密・・・高性能な断熱材で家全体を包み込むことで夏の外気の熱を室内に入れず、涼しさを逃がさない。
・安全・・・シックハウス症候群防止のため使用建材の制限、自然素材の活用、計画換気を行う
・植栽・・・植栽の工夫により樹木が作り出す微気候を家の中に取り入れる。

冬は暖かく
・冬季日射取得・・・窓の配置、大きさ、窓ガラスの種類を工夫することで太陽光を室内に取り込み、室内を暖めエアコンの使用を抑える。
・通風、換気・・・室内の機密性を高めることで熱を逃がさず計画的、効率的な換気で空気を常に新鮮に保つ。
・高断熱、高気密・・・性能な断熱材で家全体を包み込むことで熱を逃がさず、外からの陽射しの熱を蓄える。
・安全・・・シックハウス症候群防止のため使用建材の制限、自然素材の活用、計画換気を行う。
・植栽・・・落葉樹をうまく配置することで冬の陽射しを遮らず、室内に取り組む。

パッシブ住宅は、床も壁も天井も高断熱と高気密で魔法瓶のような家のイメージです。
冬は暖気を、夏は冷気を逃しません。熱交換換気システムで空気はいつもきれいなのに、熱だけがリサイクルされるため吸気口から冷たい外気が入ってくることもありません。
そしてエアコン一台でも、家全体が暖かいのがパッシブ住宅です。

どんなに設計思想が良くても、その住宅を作る会社や職人さんが、その思想を理解して追求している会社でなければお題目で終わってしまいます。
理想の建設会社に出会うためには、施主も内容を理解したうえで、実際に人に会ってゆっくりとじっくり話すことが重要です。

以上、バイヤーズエージェントの小宮山でした。

***************************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
AI(人工知能)が判定。
買ってはいけない物件を自分でチェック!

クリック

**************************************************