ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

ペットと暮らす家25 Nov. 2018

不動産の知恵ふくろう

ペットと暮らす家

少子化する一方でペットの数は急増し、小さな子供といる家庭よりもペットの犬猫と暮らしている家庭の方が多くなっています。
これからのすまいのあり方として必要になってくるのは、一人暮らしまたは二人とペットと暮らすという家になります。
そんな背景を踏まえて、ペットとの暮らし方について考えて見ます。

ペットと一緒に生活をするために、家の間取りはどのように工夫をしたらいいのか、愛犬・愛猫のために頭を悩ませているご家族も多いでしょう。
ペットの足の裏の肉球はとてもデリケートです。
ペットの身体に負担をかけないために、一緒に生活をする住宅では、階段を緩やかに設置することをお勧めします。
ペットたちのやわらかい肉球の負担がかからず、飛び降りたときの足腰への衝撃も最小限におさえることができるそうです。
段数が増えてしまうことを懸念されるかもしれませんが、安全を考えるとペットも、人間にとっても大きなメリットがあるようです。

ペットの身体に負担をかけないためにも、ペットに優しいフローリングにすることが大切です。
たとえばコルク材を使用したり、ペット用のコーティングをしたりするのです。
一般的なフローリングにワックスでもかけたら、ペットがすべってしまい、怪我の原因となってしまいかねません。

ペットのためにも、ある程度グリップ感がある床面にしてあげましょう。
ペットの安全の為にもペットフェンスの設置をしてみてはいかがでしょう。
ペットと生活の中でさまざまな危険な想定として、玄関のドアを開けたらペットが出て行ってしまう、料理をしているのにペットがキッチンに入ってきてまとわりついてくるなど危険の可能性があると思います。

ペットフェンスの設置をするこで玄関やキッチンなど「飛び出るのが困る」「ペットには危険な食材がある」「刃物や火気に触れるのが怖い」という場合は、ここは出入り禁止であることをわかるようにします。
特に、階段の往来で腰を痛めがちな犬の場合、さらに階段入り口部分にもペットフェンスをつけるのもよいでしょう。

浴室のドアは必ず閉めることを心がけるようにします。
浴槽にお湯が張ってあるときに、ペットが誤って落ちて溺死してしまったというケースが報告されています。
また、ボディーソープやシャンプー・リンスを誤飲してしまうなどがあります。

マイホームのガーデニングにも気をつけなければいけません。
開放的なお庭があれば、ペットも元気よく駆けまわることができるので、健康にもつながると考えているかもしれませんが、植える植物に気を払う必要があります。
身近な植物でも、ペットが口にしてしまうと危険なものがあるのです。サトイモ科の植物である、スパティフィラムやカラーは、ペットがかじっただけでも、口内炎や皮膚炎を起こしてしまいます。
また、チューリップや水仙、ポインセチア、ジャスミン、スズラン、クロッカス、シクラメンなども、ペットにとっては危険な植物になります。
ガーデニングをするときは、ペットも安心して駆けまわることができるよう、植物には気を付けるようにしましょう。

バルコニーの隙間からの落下を防止にも注意が必要です。
まだまだ工夫が必要ですが、かわいい家族のために工夫した家は人間の子供や大人にもやさしい環境になるのではないでしょうか。
ご参考になると幸いです。

以上、バイヤーズエージェントの小宮山でした。

***************************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
AI(人工知能)が判定。
買ってはいけない物件を自分でチェック!

クリック

**************************************************