ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

マンションの間取り10 Nov. 2018

不動産の知恵ふくろう

マンションの間取りの考え方

一般的なマンションの多くが、廊下から洗面室に入る間取りです。
そして、ほとんどの場合は洗面室に洗濯機置場があります。
家事の動線を優先させると、キッチンで食事の支度→廊下→洗面室で洗濯→廊下となります。
ここで、間取りを考える時に、洗濯機置場をキッチンに置く案と、キッチンから直接洗面室に行く案はいかがでしょう。

・キッチンに洗濯機を置くアイデアは奇抜に感じますが、実際に置いている人のブログを見てみると、なかなかの使い勝手がよさそうです。
利点は、洗濯のためにキッチンを離れずに済むのが結構ありがたいそうです。
また、洗面所は来客者に見られるところなので綺麗にしておける。
洗濯機パンがないと、脱衣スペースはゆったりと使えるそうです。

・キッチンから直接洗面室に行く場合のプランは、かなり合理的な発想ではないでしょうか。
マンション、戸建て共通で考えられる間取りです。
最近では、共働きが増え家事も分担制になり、家事の時短が話題となっております。
これからお住まいの購入をお考えの方は、自分達の動線をしっかり考えた間取りにすれば、家事の時短になるのではないでしょうか。

マンションの間取りで、失敗のランキングを見つけました。
1.配線の位置・・・コンセントやスイッチの位置が使いづらい、数が足りない。
2.収納・・・収納スペースが不足、収納場所が不便、内部が使いにくい。
3.広さ・・・部屋が広すぎた・狭すぎた、空間の大きさのバランスが悪いなど
4.明るさ・温度・湿度・・・暗い、寒い、暑い、ジメジメ、冷暖房の効率が悪いなどの問題
5.視線・・・家の中や外からの視線が気になるという失敗は、住むまで気付かないこともあります
6.音・ニオイ・・・足音、話し声、テレビの音、食洗機や洗濯機の音、外の騒音、調理のニオイなど
7.動線・・・よく行き来する空間が遠い、行きにくい、家族同士がぶつかりそうになるなど、動線の混乱はストレスのもとです。

家族構成や、お持ちの家具をっ考えてマンション選びをしましょう。

以上、バイヤーズエージェントの小宮山でした。

***************************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
AI(人工知能)が判定。
買ってはいけない物件を自分でチェック!

クリック

**************************************************