ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

マンション希望者が・・08 Jun. 2018

不動産の知恵ふくろう

マンション希望者比率が過去最低!

このような記事を見つけましたのでご紹介いたします。
株式会社リクルート住まいカンパニーはこのたび、2017年度『住宅購入・建築検討者』調査の結果を発表しました。
住宅の購入・建築を検討している人を対象に、検討にあたっての予算や頭金の状況、検討する物件の種別、検討にあたって重視する条件などを把握することを目的に行いました。
調査時期は2017年10月27日(金)~11月6日(月)
有効回答数は1,239。

この調査によると、過去3カ月以内に住宅購入検討のための行動を行った人の割合は、全体の8.2%だった。購入検討状況をみると、『新規購入』が最も多く64.8%、次いで『買い替え』が23.2%。
検討種別は『注文住宅』が62.5%でトップ。2014年から上昇し続けている。次いで『新築分譲マンション』の35.5%。『新築分譲一戸建て』は34.9%、『中古マンション』27.0%、『中古一戸建て』25.6%でした。

一戸建てかマンションかの意向については、一戸建て派は66.2%と調査開始以来最高でした。マンション派は21.7%で2014年以来減少が続き、過去最低。年代別にみると、50代・60代は比較的マンション希望が高い傾向。新築・中古意向では、新築派は76.3%、中古派6.4%。新築派が7割を超える状況が続いている。
詳しくは下記を確認してみてください。

>ニュース情報元:(株)リクルート住まいカンパニー

今後の住宅購入の調査対象者の年齢や地域にもよりますが何かの参考になれば幸いです。

以上、バイヤーズエージェントの小宮山でした。

***************************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
AI(人工知能)が判定。
買ってはいけない物件を自分でチェック!

クリック

**************************************************