ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

リフォームローン08 Jul. 2019

不動産の知恵ふくろう

中古住宅購入時のリフォーム費用は住宅ローンに一本化する?!

本日は表題の件について、解説したいと思います。
リフォームを行う際には、現金で行われる方とリフォームローンを組んでリフォームされる方の2パターンの方がおります。
そこで、まずはリフォームローンについて解説したいと思います。

■リフォームローンには担保型ローンと無担保型リフォームローンがあり、その違いは?!
住宅をリフォームする際に、金融機関からリフォーム資金の借り入れを行うことがあります。
このとき利用するのがリフォームローンですが、リフォームローンには担保型と無担保型という2つのタイプが存在します。
それぞれの違いについて理解し、状況に応じて適切なタイプのローンを利用できるようにしておきましょう。

※リフォームローン(担保型ローン)の特徴
リフォームローン(担保型ローン)は、その名の通り資金を借り入れる際に担保を必要とするリフォームローンの事です。
借り入れ可能な金額は、金融機関や借り入れを行う人の所有する担保価値によっても異なりますが、無担保型のローンよりも大きいことが一般的です。
具体的な金額としては、個人での借り入れ可能金額の上限額が3,000万円くらいです。また金利についても無担保型よりも低いことが多く、返済期間は一般的に10年~35年となっています。
多額の資金を低い金利で借りられるというのが担保型のローンのメリットです。
大規模なリフォームを行うために多額の資金が必要な場合は担保型のローンがおすすめです。

※リフォームローン(無担保型ローン)の特徴
リフォームローン(無担保型ローン)は、資金を借り入れる際に担保を必要としないリフォームローンです。
担保を必要としないため、抵当権の設定に関する費用や手数料、保証料などの諸経費が不要であり、ローンを組む際の審査も担保型のローンよりも比較的簡単に審査通過できると言われています。
リフォームローン(無担保型ローン)の借り入れ可能な金額の上限は、担保型のローンよりも低めに設定されており、500万円程度であることが多いようです。
また金利についても、担保型のローンよりも2~3%高く設定されていることが多く、返済期間は一般的に10年~15年となっています。
無担保型のメリットは、担保を必要としないため、審査から融資の実行までにかかる時間が短いということです。
すぐにリフォームを行いたいが資金を用意できないといった場合には無担保型のローンを利用すると良いでしょう。

■リフォームローン(無担保型ローン)or(担保型ローン)のどちらを選ぶかは工事費用によって判断
担保型と無担保型、どちらのリフォームローンにもメリット・デメリットがあるため状況に応じて使い分けることが必要です。
どちらのタイプのリフォームローンを利用するかを決める基準となるのは、リフォームにかかる費用が「いくら」であるかです。
リフォーム費用が、500万円を超えるようであれば担保型のリフォームローンを選び、500万円を下回るようであれば無担保型のリフォームローンを選ぶと良いでしょう。
また、金額だけでなくローンを組む時の金利がどの程度であるかを知ることも重要です。
「どちらのタイプのローンを利用するか」については、リフォームにかかる工事費用と金利のバランスを見て選ぶようにしましょう。

■中古住宅の購入時にリフォームローンを組む場合は一体型ローンを活用する
リフォームすることを前提として中古住宅を購入する場合には、一体型ローンを利用することができます。
一体型ローンは、リフォーム費用の金額もまとめて借入できるという、です。
住宅の購入資金だけでなく、リフォーム費用もローンで賄うことができるため、新築住宅よりも安価な中古住宅を購入してリフォームする際などに利用することができます。
一体型ローンのメリットはいくつかありますが、まず第一に毎月の返済額が、別々でローンを組むよりも少なくなる場合が多いことです。
なぜなら、リフォームローンの金利は住宅ローンの金利よりも約2~3%高いことが一般的であり、一体型のローンの場合は住宅ローンの金利が適用されます。
そのため、別々にローンを組むよりも金利の差額分だけ月々の返済額を安く抑えることができます。
さらに一体型ローンの場合は、リフォームローン単体で組むよりも借り入れ可能な金額が高くなります。
そのため、住宅を丸ごとリフォームするような大規模なリフォームを行いたい場合も、ローンを組むことによって資金を調達することができるでしょう。
他にも、ローンを1つにまとめることによってローンを組むための手間や諸費用を省くことができるといったメリットもあります。

最近は中古住宅を購入して、リフォーム・リノベーションを行う方が増えています。
その為、リフォームを依頼する業者と打ち合わせを行う際には、あらかじめローンを組む予定であることを伝え、スケジュールや支払いのタイミングについて相談すると良いでしょう。
また、中古住宅購入後に「リフォーム工事を実施する」ことを、事前に不動産業者の方に相談をされておくことをおススメ致します。
いずれにせよ、中古住宅の購入時にリフォームローンを組む場合は、一体型ローンを活用する事をお忘れないよう、ご注意下さい。

以上、バイヤーズエージェントの小宮山でした。

***************************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
AI(人工知能)が判定。
買ってはいけない物件を自分でチェック!

クリック

**************************************************