ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

不動産購入時に必要な書類29 Aug. 2018

不動産の知恵ふくろう

知っておくと楽?!不動産購入時に必要な書類について

住宅購入を決めた場合、申し込みから売買契約、ローンを借りる際などの手続き、段階に応じて必要書類を揃えていくことになります。
特に住宅ローンを申し込む際には、本人確認書類に加えて、収入を証明する書類関係も必要となります。
また、住民票や印鑑証明書などを役所へ取りに行くようになります。なるべく早めに必要書類を揃えておく事をおススメ致します。
そこで、今回は不動産購入時に必要な書類について記載したいと思います。

まず住宅購入を決めてから、引き渡しまではさまざまな手続きがあり、その都度、必要な書類がある事を把握しておいてください。

購入申込時に必要な書類
住宅ローン事前審査時に必要な書類
売買契約時に必要な書類
住宅ローン申込時に必要な書類
住宅ローン契約時に必要な書類
引き渡し、残金決済時に必要な書類

1) 購入申込時に必要な書類
住みたい家が決まったら申し込みをします。
その際、購入申込書を売主に提出する事になります。その書類を持って不動産会社は価格交渉等を行っていきます。
〇購入申込書
購入の意思を表すもので、買付証明書といわれます。ほとんどは内見をされた際に不動産会で準備された書面を提出されます。
購入希望者の氏名や住所などの個人情報から、マンションなら部屋タイプなど、希望物件などの必要事項を記載する事となります。
〇本人確認書類
運転免許証、健康保険証、パスポートなど
※本人確認書類とは、写真付きの住所、氏名、生年月日等が記載されている下記書類です。
・個人のお客様(運転免許証・旅券・住民基本台帳カード・各種健康保険証 等)
・法人のお客様(登記事項証明書・印鑑証明書 等)

2)住宅ローン事前審査時に必要な書類
住宅ローンを借りるために、本人確認書類、収入証明書類、物件に関する情報を金融機関に提出し、事前審査を受けることになります。
用意する書類は金融機関によって異なりますので、詳細については各金融機関の指示に従ってください。
〇事前審査申込書
所定の用紙に個人情報、借入金額などを記載します。
〇本人確認書類
運転免許証、健康保険証、パスポートなど
※本人確認書類とは、写真付きの住所、氏名、生年月日等が記載されている下記書類です。
・個人のお客様(運転免許証・旅券・住民基本台帳カード・各種健康保険証 等)
・法人のお客様(登記事項証明書・印鑑証明書 等)
※借入れを行う本人と連帯保証人、担保提供者等それぞれ用意する必要がございます。
〇収入証明書類
給与所得者:源泉徴収票をご用意ください。
個人事業主、確定申告をしている場合:確定申告書等が必要となります。
法人代表者:法人の決算報告書
〇物件に関する書類
販売図面、物件概要書、間取図、土地公図の写しなどが必要となります。
〇他に借り入れがある場合
借り入れ中の償還予定表もしくは残高証明書が必要となります。

3)売買契約時に必要な書類
売買契約は基本的には不動産会社で行われます。事前に重要事項説明書を渡された場合は内容をじっくり把握し、少しでも内容を理解できるようにしておきましょう。
また、重要事項説明書と売買契約書には署名と捺印が必要です。印鑑(実印)、収入印紙(もしくは印紙代)、手付金や仲介手数料の半金なども持参することになりますので、ご準備下さい。
〇本人確認書類
運転免許証、健康保険証、パスポートなど
※本人確認書類とは、写真付きの住所、氏名、生年月日等が記載されている下記書類です。
・個人のお客様(運転免許証・旅券・住民基本台帳カード・各種健康保険証 等)
・法人のお客様(登記事項証明書・印鑑証明書 等)
※本人と共有名義者それぞれご用意ください。

4) 住宅ローン申込時に必要な書類
事前審査に通った後、信用会社による本審査が行われます。さらに詳しい所得関係の書類が必要となります。こちらも金融機関による指示に従ってください。
※売買契約時に取り交わした、重要事項説明書と売買契約書をご準備いただけると、手続きがスムーズに進みます。
〇借入申込書
所定の用紙に個人情報、借入金額などを記載します。
〇団体信用生命保険申込書兼告知書
団体信用生命保険の申し込み及び、健康状態について記入する事になります。
〇本人確認書類
運転免許証、健康保険証、パスポートなど
(借り入れ本人と連帯保証人、担保提供者それぞれ用意)
〇収入証明書類
給与所得者:源泉徴収票、住民税課税決定通知書または住民税課税証明書の提出が求められます。
個人事業主:確定申告書、納税証明書
法人代表者:法人の決算報告書、法人税納税証明書、法人事業税納税証明書
※ 前年分だけでなく3年分提出を求められるところもある。
〇住民票
同居家族全員の続柄が記載してあるもの。発行後3カ月以内のものなど。
〇印鑑証明書
借り入れ本人、連帯保証人、担保提供者それぞれ必要。発行後3カ月以内のものなど。
〇他に借り入れがある場合
借り入れ中ローンの返済予定表、返済が確認できる通帳
〇物件に関する書類
売買契約書の写し、重要事項説明書の写し、建築確認済証、登記事項証明書、物件概要書、間取図、土地公図の写しなど。
※購入する物件によって揃えるものが異なります。

5) 住宅ローン契約時(金銭消費貸借契約(略して金消契約と呼ばれる))に必要な書類
申し込み後に審査に通ったら、ローンの契約書を交わします。
※新住所登記:住宅ローンの契約はご新居の住民登録に基づき行うことが多いです。そのためのご新居の住民票、印鑑証明が必要です。
必要な通数はそれぞれ2,3枚なのですが、金融機関によって異なりますので、各金融機関の指示に従ってください。
〇住宅ローン契約書
借り入れ本人、連帯保証人、担保提供者がそれぞれ署名、捺印します。
〇抵当権設定契約書
借り入れ本人、連帯保証人、担保提供者がそれぞれ署名、捺印します。
〇住民票
同居家族全員の続柄が記載してあるもの。発行後3カ月以内のものなど。
〇印鑑証明書
借り入れ本人、連帯保証人、担保提供者それぞれ必要。発行後3カ月以内のものなど。

6)引き渡し、残金決済時に必要な書類
代金や仲介手数料の残りや登記手続きを行ってくれる司法書士の先生に登記費用を支払って、引き渡しを受けます。
その際、登記申請のための書類が必要となりますので、詳細は司法書士の方のご案内に従ってください。
〇住民票
同居家族全員の続柄が記載してあるもの。発行後3カ月以内のものなど。
〇印鑑証明書
借り入れ本人、連帯保証人、担保提供者それぞれ必要。発行後3カ月以内のものなど。

以上が住宅購入時に必要な書類です。段階に応じて、さまざまな書類が必要となりますので、今後の参考にお役立てください。

以上、バイヤーズエージェントの小宮山でした。

***************************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
AI(人工知能)が判定。
買ってはいけない物件を自分でチェック!

クリック

**************************************************