ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

二世帯住宅06 Feb. 2019

不動産の知恵ふくろう

二世帯住宅を建てる時に間取りよりも前に考えなければならない事とは?

二世帯住宅を建てるとき、親世帯と子世帯の両方が快適に暮らすために「どのような間取りにするのか」ということを詳細に検討されると思います。
しかし、二世帯住宅を建てるときに、将来の相続についてまで真剣に考えて建てているケースは非常に少ないのではないかと思います。
実は、これが二世帯住宅の盲点となります。

と言いますのが、実際に相続が発生した後に、二世帯住宅という相続財産を巡って兄弟間で争いが起き、最悪の場合、兄弟絶縁にまで発展する事態が現実に多く起きております。
この問題は、特に相続財産が自宅のみという場合に起こりやすいです。

たとえば、自宅敷地を相続時に姉弟2人で共有するような場合を考えてみます。
自宅敷地に居住している弟と、外部に居住する姉による共有は1/2ずつの所有となるので平等ですが、実は外部に居住している姉にとっては、利用上、何のメリットもない財産を相続した事になります。
したがって、将来的に姉家族に教育費等が必要となったような場合には、この共用持分を現金化したくなる可能性が多いに考えられます。
このとき、姉は共有物の分割請求をすることになりますが、この請求があると、自宅敷地の半分を弟が買い取るか、もしくは第三者に全部を売却して売却代金を分割しなければなりません。
つまり、弟にとっては、このとき姉に支払う現金がなければ、親から受け継いだ大切な居場所を失ってしまうことになります。

このような相続による兄弟間の争いを避けるには、相続発生以前から、親子間、兄弟間で将来の相続時の遺産分割について真剣に話し合っておくことが大切です。
特に、二世帯住宅を新たに建てる前こそ、話合いが重要となります。
建設時には、まだまだ相続は先の事だと思っているので、考えたくない事かもしれませんが、検討しなかってことで仲の良かった子供たちの関係が後々悪くなることは極力避けるべくきです。

住宅購入時には、現在の住まいの事だけでなく、将来を見据えた買い方をお勧めします。
なお、そういったご相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

以上、バイヤーズエージェントの小宮山でした。

***************************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
AI(人工知能)が判定。
買ってはいけない物件を自分でチェック!

クリック

**************************************************