ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

住宅ローンの買い替え23 Sep. 2019

不動産の知恵ふくろう

住宅ローンの借り換えは検討していないのですか?

現在は非常に低金利ですが、皆さんは借換えをご検討されたことはありますか?
ご自身が借りている住宅ローンの金利について、あまり気にされていない方もいると思いますが、この機会に「借換えをしたらどのくらい総支払金額が圧縮できるのか?」を計算をされたら如何でしょうか。
なぜならば、今月のフラット35の金利は
21年以上、5年以下0.91%(団信なし)
20年以下0.85%(団信なし)
だからです。

仮に、借換えをした場合を想定して計算してみました。
【当初借入を支払続けた場合】
借入年数:35年
金利:1.50%
借入金額:3,000万円
総支払額:38,579,007円

【5年後借換えた場合】
借入年数:30年
金利:0.91%
借入金額:2,660万円(60回支払い後の残金)
5年間の返済額5,511,300円+借換え後返済額30,405,765円=総支払額:35,917,065円
その差額は、なんと2,661,942円もお得になります!!

勿論、借換えの手数料や登記費用などもかかるので、実際にはこの金額全てがお得となるわけではありません。
自分自身が借入した時の金利で計算して、諸々の手数料を引いたとしてもお得になるようでしたら、当たり前ですが借り換えをお勧めします。
ちなみに借換えの際は、諸費用も含めての借り換えが可能ですので、数万円程度の手持ち資金の支出で借り換えが可能となります。
さらに借換えが出来る条件としましては、直近1年間の住宅ローンの返済に遅滞がない事が条件となります。
ただし既存借入がある方は、借換えするための新たな借り入れ金額が融資可能か否かを審査をしますので、ご自身で現在お支払されている借入がある場合は金融機関にご申告ください。

********************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト

********************************************