ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

住宅ローン金利25 Jul. 2019

不動産の知恵ふくろう

住宅ローン金利が下がってます!

今月のフラット35の金利は、0.98%と史上3番目に低い金利となりました。
今月は、大手都市銀行も軒並み金利を引き下げ、これから住宅購入を行う人にとっては非常にお得な時期と言えます。
ただし住宅ローンの金利は融資実行時の金利が適用されるので、例えばフラット35の場合、今から手続きしても7月中の融資実行は難しいため、あらかじめ最低金利を狙い撃ちするのは現実的ではありません。
※借り換えの場合で、事前に正式審査を済ませておいて、金消契約のタイミングを待つというのはあるかもしれません。
住宅ローンの金利は、固定型の場合は10年物の国債を指標に、変動型の場合は短期プライムレートが指標になります。このため、住宅購入をご検討の方は金融面での市場動向にもアンテナを張っておくと、素早く判断ができると思います。

さて、全期間固定のフラット35が1.00%を切るというのは、ある意味異常事態です。

>フラット35金利の推移

銀行の変動金利と数字だけ比べると、変動金利の方が安く見えますが、1.00%未満の固定金利との金利差はわずかです。
金利が低い時は迷わず固定金利を選択するがお勧めです。
また、現在住宅ローンを抱えている方も借り換えを検討するタイミングです。
下手をすると、当時組んだ変動金利の方が高くなっている可能性も十分にあります。
(詳細は別の機会でご説明いたしますが、一度組んだ変動金利の住宅ローンは、金利が上がることはあっても、下がることはほとんどないです。)

新築後築10年くらいの方は、住宅ローンの借り換えにあわせて生命保険の見直しもお勧めです。
住宅ローンを組む時に団体信用生命保険に加入していると思いますが、金融機関によってオプションが大きく異なります。
少し前は「3大疾病」と言われていましが、今は「8大疾病」と商品内容が広がっていたりします。
また医療技術の発達で、ガンもかつてのように高確率で死亡するではなく、多くの方が治癒されるようになっています。
こういった動きにあわせて生命保険も多様化しており、単に住宅ローンについていたからといって、放置するのはもったいないと思います。

住宅購入時には、判断するべきことが多いのであまりお勧めしないのですが、住宅購入が終わってひと段落ついたら生命保険の見直しをお勧めします。
住宅ローンも生命保険も金融商品です。
正しい情報を得て、冷静に判断することが求められます。
銀行や保険屋さんなどの商品として取り扱う方以外で、気軽に相談できる先を見つけておくのも重要だと思います。

以上、バイヤーズエージェントの小宮山でした。

***************************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
AI(人工知能)が判定。
買ってはいけない物件を自分でチェック!

クリック

**************************************************