ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

盛土と切土14 Dec. 2019

不動産の知恵ふくろう

「盛土」と「切土」の注意点

日本の国土は山間部が多いため、もともと平坦なところばかりではなく、傾斜地を造成した宅地も数多く存在しています。
そこで知っておきたいのは、盛土(もりど)と切土(きりど)についての知識です。

盛土は、元の地盤面に土砂を盛り上げたものであり、転圧(締め固め)や地盤改良工事が不十分な場合には軟弱地盤になり地盤の強度に不安が残る場合があります。
切土は、元の地盤を削って造成するので元の地盤が残るため、比較的地盤強度は安定しているといえるでしょう。
また傾斜地などで造成された宅地の場合で、一つの宅地の中に盛土部分と切土部分が混在するような場合は、地盤の強度が異なることによって不同沈下の原因となることがあります。

新しく盛土をされた地盤は、3年から5年程度で沈下や圧縮が落ち着くとされています。
しかし盛土の内部にコンクリート片や廃棄物、大きな石あるいは木の根などの混入があるときは、空洞ができたり木の腐植が進んだりすることによって、10年近く経たないと安定しないこともあります。
さらに、擁壁(土を留めておくコンクリートの壁)から約1メートル以内部分は転圧不足になりがちで、部分的な地盤強度不足が生じることもあります。
とくに造成から間もない時期に分譲される宅地では、十分に注意することが必要です。

また盛土は傾斜地だけでなく、水田や湿地などの埋立地や谷埋め盛土地などもあります。
とくに大規模な谷埋め盛土地は、大地震などにより数十戸単位で崩れて流れることがあるため十分な注意が必要です。
年数を経た傾斜地の盛土でも、大地震によって崩れることがあります。
国土交通省の「大規模盛土造成地マップの公表状況について」というページには、調査資料などをweb上で公表している自治体へのリンクが掲載されています。
該当する地域ならしっかりと確認しておきたいものです。

盛土や切土によって地盤面に高低差が生じた造成地、あるいは過去の埋め立てなどが考えられる造成地の住宅や土地購入を検討する際には、注意しておきましょう。
現場によっては造成工事に関する図面がありますので、場合によっては業者に資料の提示や説明を求めてみてください。
ただし、工事年代が古い場合などは不動産業者による調査で関係資料を入手できないこともあります。
地盤強度が気になる土地の場合には、地盤補強工事費用を見込んでおくことなども考えておくことをお勧めします。

********************************************

徹底的にお客様目線【不動産エージェント】のユナイト

********************************************