ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

空地・空き家の所有者の探し方07 Jul. 2018

不動産の知恵ふくろう

空地・空き家所有者の探し方

全国で空地・空き家の問題が顕在化していますが、実際のトラブルには色々なケースがあります。
管理状況が悪く、倒壊しかけている建物や塀が近くにある場合や、ライフラインの工事や道路の補修が必要なのに所有者と連絡が取れない、といったケースです。

所有者不明土地の所有者探しには、いくつか方法があります。
主な方法は①登記簿謄本を取得して所有者の住所・氏名を調査する②近隣の方への聞き込みを行う、といった方法です。

ところが、近隣の方も引越し先をご存じなかったり、登記簿謄本も名義の書き換えが行われておらず郵便物も返ってきてしまう、ということもあります。
そんな場合には、住民票や戸籍の附票などを取得して、現在の住所を調べるということになります。
他人の住民票などを勝手に取得することは原則できませんが、市区町村で『利害関係がある』と判断されれば取得することも可能です。

戸籍法や住民基本台帳法では、利害関係人からの請求の場合も、法的に認められています。
実際に、隣地建物で被害が生じている場合や、工事の承諾が取れずに生活に支障が出ているケースなどは『利害関係がある』と判断されやすいと思います。

利害関係があるということを証明するための資料を集めて役所の窓口で相談するようにしましょう。

以上、バイヤーズエージェントの小宮山でした。

***************************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
AI(人工知能)が判定。
買ってはいけない物件を自分でチェック!

クリック

**************************************************