ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

職場の地震倒壊リスク28 May. 2018

不動産の知恵ふくろう

職場の地震倒壊リスクを確認!学校、よく行く商業施設、耐震性は大丈夫?

地震大国の日本。大地震は、いつ来るか分かりません。
各自治体から、耐震改修促進法で耐震診断が義務づけられている建築物の、耐震診断結果が公表されました。インターネットで『(都道府県名)耐震診断、公表』と検索してみてください。

地震が起きたときに、自宅に居るとも限りません。あなたの職場のビル、お子様の学校、よく行く商業施設や病院の耐震性は大丈夫でしょうか?

山梨県の関連ホームページを例にとって記事を書いてみました。
山梨県の耐震改修促進計画では、下表の建築物が計画の対象建築物となっております(対象となる建物の規模など、詳細にについては、下記リンクをご覧下さい。

>山梨県、要緊急安全確認大規模建築物の耐震診断結果の公表について

山梨県内(※甲府市を除く)の要緊急安全確認大規模建築物について、耐震診断結果を精査したところ、すべての建築物について、地震の震動及び衝撃に対して倒壊し、又は崩壊する危険性が低いことを確認しました。
それにしても、本当に見難い資料です。

家を持っている方も、これから買う方も、確認しておくようにしましょう!

以上、バイヤーズエージェントの小宮山でした。

***************************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
AI(人工知能)が判定。
買ってはいけない物件を自分でチェック!

クリック

**************************************************