ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

資金計画17 Feb. 2019

不動産の知恵ふくろう

マイホームの資金計画

マイホームを手に入れるのに、どのような資金が必要になるのか調べてみました。
マイホームでは、新築の建売、新築の注文住宅、中古住宅、新築マンション、中古マンションに大きく分けられると思います。
通常は、販売価格が表示されていますが、実は購入時にはその他の費用がかかります。

その他の費用とは
・各種税金(不動産取得税、固定資産税、都市計画税、登録免許税など)
・登記費用
・銀行ローン事務手数料
・ローン保証料
・契約時の印紙
・火災保険(地震保険を含む)
ローンの組み方によっては、別途に諸費用がかかります。

各種税金は、購入後に数ヶ月程度の期間が経ってからの支払いになるので、しっかりした資金計画を立てないとあとで困ることになります。
まずは、自分がいくらまでの資金(住宅ローン+手持資金)が作れて、購入に伴う契約、支払い金額、支払い期日としっかり計画を立てて進めなければいけません。

購入価格+その他の諸費用=マイホームの総額ですので、じっくりとゆっくりと考え、購入を検討しましょう。

以上、バイヤーズエージェントの小宮山でした。

***************************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
AI(人工知能)が判定。
買ってはいけない物件を自分でチェック!

クリック

**************************************************