ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

贈与以外の援助05 Nov. 2019

不動産の知恵ふくろう

「贈与」以外の親からの援助の注意点

住宅を取得する際に、親から資金の援助を受ける場合、他の兄弟との関係などから贈与扱いにできないときは「親からの借り入れとして返済を行う方法」や「住宅を親との共有名義にするという方法」があることを理解しましょう。

【1】親からの借り入れとする場合
親から住宅資金の借り入れを行う場合、手続きを誤ると、その借入金が贈与とみなされ、贈与税の課税対象となる場合があります。
贈与税の課税対象とみなされないためには、税務署が正式な金銭貸借関係であると認めるような
「金銭消費貸借契約書」あるいは「借用書の作成」
「返済能力があると認められる借入金額である」こと
「実際に返済していることを証明できる支払い方法をとること(例えば、金融機関からの振り込みを行うこと)」
などが必要となります。

【2】住宅を親との共有名義にする場合
共有とは、
「住宅を購入する際に親と自分が負担した資金額に応じて住宅を共同で所有する」ことを言います。
住宅の所有権を登記する場合に、それぞれの資金額に応じた割合で共有登記を行います。
この方法によれば、贈与税の課税対象とはなりませんが、住宅を売却する場合には共有者全員の承諾を得る必要があり、売却が若干難しくなる場合もあります。
相続が発生した場合に、親の持ち分を相続することについて、他の相続人からの承諾を得られなければ遺産分割がスムーズに行われないケースもあります。
親の持ち分を自分が相続できるように、公正証書遺言を作成するとよいでしょう。
※公正証書遺言とは、遺言者が公証人に伝えた遺言内容を、公証人が公正証書として作成する遺言をいいます。

せっかく購入した住宅なのに、後々で面倒な手続きやお金がかかるようなことが無いように慎重に考えましょう。

********************************************

徹底的にお客様目線【不動産エージェント】のユナイト

********************************************