ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

間仕切り30 Mar. 2019

不動産の知恵ふくろう

部屋を間仕切る方法

部屋の間仕切りのリフォームを考える人は意外と多くいます。
最近では、一室にもまとめられることが多いリビングとダイニング。家族が増えたり、成長してくると各自の食事の時間が異なってきたりします。
また、子供部屋も最初は仕切りを作らずに広めの部屋にすることがあります。そのような時には、空間を間仕切りしてみてはいかがでしょうか。

子供が大きくなったときには、もともと一つだった部屋を二人で分けて使えるように部屋を間仕切りするケースや、寝室やリビングを間仕切りしてウォークインクローゼット風の収納にするケースなど、さまざまな間仕切りがあります。

部屋の間仕切り方法としては
・アコーディオンカーテン
部屋の間仕切り方法として、手軽なアコーディオンカーテンの価格は¥5,000〜¥60,000程度そ、の他に取り付け工事費が必要となります。
・パネルドア
パネルドアの価格は¥10,000〜¥400,000程度です。見た目がおしゃれなもので半透明のガラス張りのタイプもあり、部屋を間仕切りながらも採光性にすぐれているというメリットがあります。
・壁を新設する方法
費用は、大体¥80,000〜¥230,000くらいですが、一度新設した間仕切り壁は簡単には動かせないため注意も必要です。

上記の他に、キャスター式スクリーンやカーテン、また古いものでは屏風などを使えば賃貸住宅でも対応ができます。
価格等はあくまで目安ですので、参考にしてみて下さい。

以上、バイヤーズエージェントの小宮山でした。

***************************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
AI(人工知能)が判定。
買ってはいけない物件を自分でチェック!

クリック

**************************************************