ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

防災の日02 Sep. 2018

不動産の知恵ふくろう

今日は防災の日

今日は防災の日です。防災に備えた備蓄品や防災グッズの見直しをしませんか?

ある方は「水、食料、電池、ソーラーの携帯充電器、カセットコンロで使えるストーブ、携帯ラジオに簡易トイレとラップ、トイレットペーパーを少し余分用意している」と言っていました。
また、その方は「ちょっと変わったところで、どんな水も浄化できるストロー(人数分)があります」とも言っていました。
非常に防災意識が高い方ですね。

一般的に用意しておくとよいものとしては、
・食料、飲料、生活必需品などの備蓄の例(人数分)
・飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)
・非常食 3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど
・トイレットペーパー、ティッシュペーパー・マッチ、ろうそく・カセットコンロ などです。

上記の他にあると便利なものは、ラップとスーパーのレジ袋です。
お皿などにラップをしてから使用、あとはラップをはずして捨てるだけで洗い物が軽減されます。
スーパーのレジ袋は、オムツカバーになったり寒さ対策にも役立ちます。

年一度は備蓄品の確認や見直し、家族の避難場所や連絡方法を話し合っておくのもよいと思います。

参考サイト
>防災グッズ一覧

>災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~

以上、バイヤーズエージェントの小宮山でした。

***************************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
AI(人工知能)が判定。
買ってはいけない物件を自分でチェック!

クリック

**************************************************