ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

ESG不動産投資11 May. 2019

不動産の知恵ふくろう

ESG不動産投資という言葉をお聞きになったことはあるでしょうか。

「ESG」とは、環境(Environment)、社会(Society)、ガバナンス(Governance)の概念であり、投資の分野においては、企業の財務情報だけに頼らない投資判断が世界的潮流となっているということです。

「ESG不動産投資」とは、この「ESG」の評価手法を不動産鑑定にも活用しよう、という試みです。
国土交通省は、「ESG投資の普及促進に向けた勉強会」の最終とりまとめを発表しました。
>国交省HP

とりまとめでは、オフィスビルを対象として、働く人の快適性や安全性イベント交流などのプログラムの有無などを一覧にして評価し、認証を与えることで不動産投資を活性化しようという検討がなされました。
評価ポイントは多岐にわたり、室内のインテリアや、室内動線の快適性、働く人の運動不足改善への試みなども含まれます。
アンケートにおいても「ESGによって不動産の評価が高まる」という回答が8割を超えたようです。

今回のESG不動産評価は、不動産投資を対象にしたものですが、似たような考え方は一般の住宅においても採用されています。
不動産の価値を価格だけでなく、快適性やeco性能、安全性などから評価しようという「住宅性能評価」というものもあります。
不動産に関しては、同じ商品が存在しない(立地や陽当り、眺望などすべて異なる)ため、評価をすることが難しいと言われています。
そのため、こうしたESG認証や住宅性能評価など、統一的で明確な判断基準が作られると、一般消費者にとってもわかりやすいものになると思います。
ただし、それでもこうした基準は購入判断の目安にはなっても、最終的な判断基準とまではならないのではないでしょうか。
こうした評価基準を利用しながら、実際の不動産取引の経験を積んだエージェントにご相談いただき、失敗しないお住まい購入をしていただければと思います。

以上、バイヤーズエージェントの小宮山でした。

***************************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
AI(人工知能)が判定。
買ってはいけない物件を自分でチェック!

クリック

**************************************************