ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

住宅の買い時20 Mar. 2018

今が買い時?

ハウスメーカーに25年勤務していまして、ずっと感じていましたが、いつも『今が買い時』でした。

この言葉、いろんな住宅メーカーや不動産業者の広告で使われている言葉ですね。お客様の「自分は、今決めていいのだろうか?」という問いかけに答えているのでしょうが、本当の買い時っていつなのでしょうか。金利が安いと言いますが、ここ20年間、変動金利はほぼ横ばいで推移してきたといえますし、最近では変動金利も1%を切る広告が当たり前となっています。だから買い時なのでしょうか?

以下は、野村不動産アーバンネットが運営する情報サイト『ノムコム』の会員を対象に、毎年2回調査して有効回答1416人から聞いた『住宅購入に関する意識調査』で『買い時感』を調査した内容です。
2020年東京オリンピックが決まる直前の2013年7月に今が買い時だと思う人が63.3%、オリンピック開催決定後の2014年1月調査でも今が買い時だと思う人が62.4%でした。買い時だと思う理由については、住宅ローンの金利が低水準だから(70.7%)、消費税の引き上げが予定されているから(43.0%)が主なものでした。

『損をしたくない』という気持ちが、この買い時感をあおるのでしょうね。このような言葉にあおられて、自分の身の丈に合わない住宅を購入し、ローン返済に苦しむ、または苦しむまでは行かないけれど縛られるいことを、もっとまじめに考えてみませんか。

身の丈に合う

笑い話ではないですが、タワーマンションを購入した人の話です。
DINKS(夫婦二人で子供が無く二人とも収入がある家庭)で、余裕があったのですが、タワーマンションの低めの階(と言っても8階くらいです)を購入しました。まず、マンションの契約会(マンションを購入した方々が一斉に契約を行う集まりです)で、「低層階の方々は、こちらの部屋で契約です」の言葉に、高層階と差別されたようで「プライドが傷ついた」と怒っていました。入居してからは、エレベーターの階のボタンを押すときにも、高層階の居住者からの目線が気になって仕方がないと言ってました。さらに駐車場では、ほどんどが外車らしく、奥さんから「国産車なんか恥ずかしくて乗っていられない」と言われたそうです。
他人から見ると、本当にどうでもよいことですが、当人にとっては非常に大きなことなのでしょうね。

身の丈に合うとは、まさに自分の身体にピッタリのことでを指しますが、その裏には『どんなに素敵で高価な服であっても自分のサイズに合わないものは美しくない』ということで『自分のサイズにピッタリなものは美しい』ということを指します。とても素敵な言葉に感じます。
自分たち家族にとって、最適なもの、ピッタリのもの、それはサイズであり雰囲気であり考え方でもあり、その『身の丈に合う』ものに出会えるためには、自分たち家族のこと十分に理解していることが必要ですね。

***************************************************
徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
**************************************************