ユナイト株式会社|山梨の不動産相談、50歳からの住宅探し

火災保険のお話23 Jul. 2018

不動産の知恵ふくろう

火災保険のお話

火事や地震の災害に備えて、通常は建物や家財に火災保険や地震保険をかけることになります。
火災保険は、火災・落雷・破裂・風災・雪災などの損害を補てんする保険です。火災等に加えて、水災・盗難・水濡れ・衝突なども補償に含まれている商品などさまざまなので、保険料を比較する際には補償範囲を必ず確認する必要があります。

保険の対象が『建物のみ』の場合には『家財」等は補償されません。
そのため、家財の損害を補てんするためには『建物のみ』ではなく『家財』等も含む保険が必要となります。
また、河川の氾濫や浸水による被害については、水災補償に入っていないと補償されませんが、地震による津波の場合には、地震保険に入っていないと通常の水災補償では補償されません。

火災保険料を安くするには、補償範囲をよく吟味し、マンションの高層階では水災を外すなど、不必要な項目は補償対象外にする良いと思います。
また、火災保険料は、建物の所在地や構造によっても大きく異なります。同じ保険金額であっても、木造戸建て住宅の方がマンションよりも保険料は高いです。
また地震保険は、火災保険に付帯して加入する保険なので、火災保険とセットでなければ加入できないうえ、地震保険に加入していない場合には、地震による火災等の損害は補てんされません。
地震保険の保険料は、所在地・建物の構造・築年数・建物の耐震等級などによって異なりますが、同じ条件であれば、どの会社の保険に加入しても、補償内容も保険料も同じとなります。

ご自身がどの保険に加入しているかを把握していないと、実際に事故に遭遇した場合に保険の申請もせずに損をしてしまう可能性があります。
また、保険料を抑える為に補償内容を減らしすぎてしまうのもあまりお勧めはできません。何かあった時の保険ですので、加入時にはじっくりご検討してください。

最近では、車の損害保険もネットを選ぶ方が増えています。
ネット系の保険では、ネットを使いながら、自分で保険の内容や保証などを理解して契約します。このため、いわゆる代理店手数料というものがありません。このため保険料が安くなっているのが特徴です。

代理店というのは、車の場合は自動車ディーラーに、家の場合は不動産業者に該当し、保険の説明やリスクなどをわかりやすく説明したり手続きなどのアドバイスをしてくれたりします。
アパートなどの賃貸物件を契約した時に「火災保険に入らなければならない」と言われ、不動産会社にて、よくわからずに火災保険の契約をしたことがあると思います。不動産会社には、火災保険会社から契約に応じた手数料が入っています。
この賃貸アパートや住宅を購入した場合の火災保険も、不動産業者をい通さずに、ネットで入ることができ、車の保険と同じようにかなり割安になっています。
アパートの火災保険は保険料も安く、手数料も大した金額ではありませんが、10年単位で入る購入した住宅への火災保険においては、手数料がかなり大きな金額になるため、節約を考えている方は、ネットの火災保険をお勧めします。
>価格.com、保険

以上、バイヤーズエージェントの小宮山でした。

***************************************************

徹底的にお客様目線【バイヤーズエージェント】のユナイト
AI(人工知能)が判定。
買ってはいけない物件を自分でチェック!

クリック

**************************************************